七五三におすすめの西宮の神社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

七五三は、3歳・5歳・7歳になったお子様がここまで無事に成長したことへの感謝と、これからの将来への幸せと、長寿をお祈りする伝統的な行事です。

子どものころにしか体験できないイベントなので、ご家族みなさまで盛大にお祝いしたいですね。

そこで、この記事では、七五三のお祝いには欠かせない、おまいりにピッタリの神社についてご紹介します。

西宮市の七五三におすすめの神社は、西宮神社と、廣田神社です。 

 

 

 

西宮神社

兵庫県西宮市にある西宮神社は、七五三のお参りで利用する人も多く、お子さまの成長をお祝いするのに向いています。

福の神として崇敬されている えびす様をおまつりする神社の総本社で、江戸時代四代将軍徳川家綱より寄進された国宝の本殿は、三連春日造(さんれんかすがづくり)という珍しい構造から成ります。

毎年、赤門から走り参りで一番福を目指す開門神事、福男選びでも有名ですね。

本殿後方一帯に広がる「境内えびすの森」は、兵庫県の天然記念物として指定されています。

そんな素敵な西宮神社では、9月から11月まで七五三参りを行っています。

ご祈祷料は、お子さま一人5000円、ごきょうだい二人8000円、きょうだい三人10000円で、受付時間は午前9時から午後16時半までです。

予約をしなくても、当日のお申し込みでご祈祷が受けられます。

七五三の目玉!千歳飴は、ご祈祷をお受けになられた方限定でいただけます。

11月以外の期間は千歳飴の代わりに違うものが授与されますので、千歳飴が欲しい方は、11月のお参りがおすすめです!

電車をご利用の場合は、最寄り駅は阪神西宮駅となり、南口より徒歩5分、アクセス抜群です。

お車をご利用の場合は、無料で利用できる駐車場があります。(※祭典などの都合で駐車できない場合もありますので事前にご確認ください。)


 

廣田神社

廣田神社は、兵庫県西宮市にあり、兵庫県第一の古社として知られているため、七五三をはじめとした多様なお参りで多くの人々が訪れます。

兵庫県第一の古社として知られており、兵庫県の天然記念物に指定されているコバノミツバツツジが境内一帯に咲き誇る様子は美しく、圧巻です。

阪神タイガースの必勝祈願でも有名ですね。

そんな廣田神社では、年中、七五三参りを行っていますが、千歳飴の授与は11月にご祈祷をお受けになられた方限定です。

ご祈祷料は、お子さま一人8000円、ごきょうだい二人12000円、ごきょうだい三人15000円で、受付時間は午前9時半から午後15時までです。

予約の必要はありませんが、受付時間に変更がある場合があるのであらかじめ電話でご確認ください。

ご祈祷にかかる時間は15~20分ですが、土日祝日は混み合いやすく、30分ほどかかる場合もあります。

電車とバスをご利用の場合は、
阪急西宮北口駅南口より 阪急バス甲東園行き乗車、広田神社前停下車
阪神西宮駅北口より 阪神バス山の手東廻り乗車、広田神社前

車をご利用の場合は、無料で利用できる参拝者専用の駐車場があります

 

 

 

神社の帰り 七五三の撮影はいぬづか写真室で

七五三のお祝いは、人生の中でもビッグイベントのひとつで、特別なご記念です。最高の思い出をお写真に残しましょう。

どこで撮影すればいいか迷われるかと思いますが、西宮市の老舗写真館、いぬづか写真室がおすすめです。

七五三の撮影は、年間約3000組!いぬづか写真室は、七五三の撮影を特に得意としています。

前写しでゆったり撮影したい、撮影とおまいりは一日ですべて終わらせたいなど、お好みで。

それぞれの神社様へカメラマンが一緒に同行して、お参りの様子を撮影するロケーション撮影プランも人気です。

 

 

 

衣装のレンタル、お着付け・ヘアセット・メイクと撮影まで全てセットで行えます。

本格的なプロの技術を、一度体験してみましょう。

 

 

 

 

最後に

七五三は、お子さまが主役の日です。

きれいな衣装を着て記念撮影や、おまいり、ごちそうを食べて・・・盛りだくさんの楽しい一日になるでしょう。

着慣れない和装や、いつもと違う髪型、緊張感のある雰囲気のご祈祷など、お子様のお疲れも心配です。

しっかり予定を立てて、最高の一日にしましょう。

 

 


 
 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*