七五三はいつ頃するのがおすすめ?「数え年」と「満年齢」について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の伝統行事のひとつ、七五三。

お子さまの成長への感謝と、これからの将来への幸せを祈って神社へおまいりをし、

着物やドレス・スーツなどの衣装を着て写真を撮り、ご家族や親族で集まるイベントです。

七五三はどのタイミングでするのか?男の子と女の子でお祝いする年齢は同じなのか?

早生まれの子の場合は?など、迷ってしまいますよね。

そこで今回は、男女で異なる七五三のお祝い時期についてご紹介します。

 

 

七五三は子どもが何歳の時にする?

七五三は、女の子が3歳7歳、男の子は5歳でお祝いをするのが一般的ですが、地域によっては、男の子は3歳5歳でお祝いする場合もあります。

では、「満年齢」と「数え年」どちらでお祝いすればいいのでしょうか?

結論から言うと、どちらでも問題ないです。

満年齢とは、生まれた年の年齢を0歳と考えるもので、数え年とは、生まれた年の年齢を1歳と考えるものです。

日本の行事などは、元は数え年で行われていましたが、最近ではご家庭によって決める方がほとんどです。

 

「満年齢」と「数え年」どちらでお祝いする

例えば、早生まれのお子さまの3歳の七五三を数え年でしようとすると、1,2歳でお祝いすることになるので

いやいや期と重なったり、普段は着慣れない着物や、ヘアセットを嫌がったりする場合があります。

体の成長の具合によっては、合う衣装が少ないこともあるので、満年齢まで待ってからお祝いをするのもいいでしょう。

逆に2歳でも、体の成長が早いお子さまなら、長時間の和装や、お昼寝の時間との調整、神社での儀式に耐えられるかも知れません。

数え年で七五三をすると、2歳ならではのあどけない可愛さを残すことができますね。

最近では、数え年の2歳の時は おまいりはせずに写真館で撮影だけして、2歳特有のかわいい瞬間を残し、

満年齢の3歳の時には、記念撮影とおまいりまでしっかり行うなど、ダブルでお祝いをするご家庭も多いです。

この頃のお子さまの成長は早いので、一年の成長具合を後から写真で見返すのも楽しいですね。

また、ごきょうだいまとめてお祝いしたい、という場合は、お子さまごとに満年齢や数え年をまぜて一気に七五三をすることも多いようです。

同級生と同じタイミングがいい方は、お子さまが早生まれの場合、同級生と一緒の数え年か満年齢で行いましょう。

七五三を祝う時期は人それぞれですが、どの選択も正解です。

お子様の成長や誕生日などを踏まえ、それぞれのご家庭の判断でお祝いする年を決めましょう。

 

七五三の参拝は11月?

七五三は、昔から11月15日に行われてきました。

これにはいくつか諸説があります。

諸君徳川家光の息子である徳松(後の将軍、綱吉)はとても身体が弱い子どもだったそうで、

健康祈願後すくすくと成長したことにあやかって、この祈願日が七五三の式日として広まったという説。

旧暦の11月は、収穫を終えてその実りを神に感謝する月であり、

その月の満月の日である15日に、氏神様への収穫の感謝を兼ねたという説など。

11月15日にまつわるエピソードは多々ありますが、最近では、11月15日にこだわらないご家庭も増えています。

神社の混雑を避けるため、時期をずらして参拝されるようです。

感染症対策としても、混雑の少ない時期にずらした方が安心ですね。

コロナ禍の昨年度、西宮神社では密を避けるため、いつもより早い9月から千歳飴を準備し、

例年11月までにしている参拝期間も、12月末まで延長するなどの対策を行っていました。

今年度も引き続きコロナの影響がありそうですので、各神社の情報をチェックしておくといいですね。

 

七五三の撮影はいぬづか写真室で

七五三のお祝いは、人生の中でもビッグイベントのひとつで、特別なご記念です。最高の思い出をお写真に残しましょう。

どこで撮影すればいいか迷われるかと思いますが、西宮市の老舗写真館、いぬづか写真室がおすすめです。

七五三の撮影を年間約3000組行う いぬづか写真室は、七五三の撮影を特に得意としています。

それぞれの神社様へカメラマンが一緒に同行して、お参りの様子を撮影するロケーション撮影プランも人気です。

衣装のレンタル、お着付け・ヘアセット・メイクと撮影まで全てセットで行えます。

本格的なプロの技術を、一度体験してみましょう。

 

最後に

七五三は、お子さまが無事にその年齢に成長したことに感謝し、これからの健康と長寿を願うものです。

そのため、一般的なことは気にせず、各ご家庭のタイミング、スタイルでお祝いすることをおすすめします。

・1日でフルコース。

ヘアセットと着付けをして、写真館で撮影+おまいり+お食事

・日にちを分けてゆったりと。

七五三のシーズン前に写真館で撮影+秋の七五三シーズンに、ヘアセットと着付けをしておまいり+お食事

(おまいりの時にご親戚が集まるなら、この日に集合写真を追加で撮影する方も多いです。)

・ヘアセットと着付けをして、おまいりのみ

・おまいりは行かずに、ヘアセットと着付けをして記念撮影のみ

・数え年にレンタル衣装を使って写真館で撮影+満年齢の時にヘアセットと着付けをして写真館で撮影+おまいり

など、お祝いの仕方は様々です。

七五三当日は、神社の参拝や写真撮影、お食事会など、お子さまも含めみなさま多忙な1日となります。

お子さまにとっては、着慣れない着物を着て長時間過ごすというのは負担が大きいものです。

また写真撮影では、小さなお子さまが飽きてしまい、撮影の際にぐずって大変だったという話もよく耳にします。

そういったこともあり、七五三のおまいりとは別の日にゆっくり写真撮影をするという人が増えてきています。

お子さまのことを第一に考え、ご家庭にとってのベストを選びましょう。

 

 

 
 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*