七五三のおまいり当日が雨の場合は延期?予定通り決行?雨対策や持っていると便利なアイテムは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

大切なお子さまの晴れの日は、天候に恵まれた中でお祝いしたいと思う方がほとんどでしょう。

ですが、予定の日の天気予報が雨だったり、当日を迎えてみると雨だったりということも十分に考えられます。

天候ばかりはどうすることもできませんね。

そこでこの記事では、七五三のおまいり当日に雨が降ってもバタバタしないようにするための準備や、

雨でもスムーズにおまいりをするコツ、日程を延期する場合の注意点などをまとめて紹介します。

 

 

七五三のおまいり当日が雨だった場合の対処法は?

七五三のおまいり当日に雨が降ってしまった場合、対処法は「延期」か「決行」の2択になります。

おまいりを延期する

天気の良さそうな日に日程を変更できるのであれば、延期をするのがおすすめです。

早めに決断することで、ヘアセットや着付けなどの変更も比較的スムーズにすることができるでしょう。

七五三シーズンの場合は、前日や当日の予約のキャンセル・変更は難しい場合もあります。

数日前から天気予報を確認しておいて、なるべく早く決めましょう。

 

雨対策をしておまいりをする

七五三のおまいり当日に急に天候が崩れた場合、あらかじめ予約していたお店のキャンセルや

変更が難しいだけではなく、キャンセル料としての費用がかかってくることがあります。

台風や暴風雨までの悪天候ではない場合は、雨対策をとりながら決行した方がいいでしょう。

しっとりとした小雨であれば、趣のある美しい雰囲気で写真撮影が出来るかも知れません。

着物の着付けを工夫し、雨対策のグッズを用意して、雨の日のおまいりに向けた準備をしておくと安心です。

 

 

雨で七五三を延期するときの流れとポイント

1 天候を理由に延期できるかを確認する

どのようなサービスであっても、事業者が損害を受けた場合には消費者法の範囲でキャンセル料金を請求することができます。

ただし、条件はサービス事業者ごとに異なります。

キャンセル料金は損害リスクから設定されるため、事前キャンセルであれば費用負担がかからないことが多いです。

悪天候が予測される場合は、利用するお店のキャンセルポリシーを早めに確認しましょう。

理由に関係なく適用される規定もあれば、病気や天災の場合は適応外であることもあります。

 

2 予約の日程変更をする

予約したサービスのキャンセルポリシーを確認したら、改めて日程調整しましょう。

七五三では神社での祈祷や記念撮影をしたあとに、会食をするご家庭もあります。

会食を予定している場合には、会食の会場への日程変更の連絡も忘れてはいけません。

また、両家の祖父母、親戚を招待している際は、雨の予報が出た時点でできるだけ早く日程変更の相談をしましょう。

 

 

雨でも七五三を決行するときのポイント

雨でもスムーズに七五三のおまいりをするには?

雨が降ると足元が悪くなるので、歩きにくくなるだけではなく、晴れ着が濡れたり汚れたりする可能性がありますが、

日程の変更が難しい場合は、予定通りそのままおまいりを決行することになるでしょう。

雨の日でも着物を汚さずに、できるだけ快適におまいりができるよう着付けの工夫や持ち物のチェックをすることが大切です。

雨に濡れない場所を選ぶ

神社でおまいりだけをする場合は、天気の良い日にご家族だけで参拝をすればよいですが、

ご祈祷を受ける場合は、神社や寺院に事前に予約をしておくことが必要な場合が多いでしょう。

神社によっては、境内まで屋根の下を歩けるような、雨でもお子さまが濡れない対策がされているところもあります。

雨天でも問題のなさそうな神社を探してみるのもいかも知れません。

事前に電話での確認や、下見をしておくと安心です。

お子様さまの歩くルートに注意する

神社の境内には石畳や砂利が敷いてあり、比較的水はけの良い環境が多いようです。

ただ、場所によっては雨が降ると水たまりやぬかるみができることもありますので、

当日はお子さまから目を離さず、声かけをしながら安全なルートへ誘導してあげましょう。

着物の着付けを雨用に工夫する

雨の日でも着物を汚しにくくするための着付けの仕方があります。

七五三の日取りが決定してから天気の崩れが予想される場合は、着付けの段階でスタッフの方に相談しましょう。

・短く着付ける

草履の代わりに長靴を履かせる場合にも有効です。また、傘をさしたりポンチョを羽織ったりなど、晴れの時よりも余分に体を動かす可能性があることを伝え、なるべく着崩れしないように全体的に少しきつめに着付けてもらいましょう。

・髪型はハードスプレーなどでしっかり固める

髪型はおまいり用に、通常よりもしっかり結ってもらえるはずですが、念のため髪型・髪飾りを痛くない程度に崩れにくく固めに仕上げてもらいましょう。

ベテランの着付けの方が担当の場合は、わざわざ言わなくても上記のことをしてくれると思います。

それでも気になる場合は、神社の本殿に着くまで、雨よけ用の風呂敷などで裾の泥はねを予防しておくと安心です。

 

七五三のおまいり当日が雨のときに、役に立つもの

先輩ママが七五三で失敗してしまったと後悔した内容は、着物に関することがほとんどです。

中でも、雨の日の七五三で、お子さまの着物を汚してしまったという声をよく聞きます。

着物は、自宅での洗濯は難しいのでクリーニング店など専門業者での対応が必要になります。

雨の日に走ったりすると、泥が着物にはねてシミ抜きが必要になることも考えられますので注意しましょう。

時間にゆとりをもって行動すると安心ですね。

事前に天気予報で雨だということが分かっていても、七五三の日にち変更の調整が難しかったり、

おまいり当日に急に雨が降り出したりした場合は、家族全員分の雨対策グッズの準備をします。

雨の日の七五三では、雨対策のアイテムを持っておくと便利です。

以下の持ち物リストを参考に、お子さまの年齢や成長に合わせて準備を進めましょう。

できれば明るい色がおすすめです。

雨の日に写真撮影をすることを考えると、顔に影をつくる原因になる黒やダークブルーなどの傘は避けましょう。

レインコート(ポンチョ)

お子さまは特に、かぶって全身を隠せる丈の長いものが脱ぎ着がしやすく便利です。

大人で着物を着る方は、裾が濡れないように着物の裾までを覆うような丈の長いものを用意しましょう。

これを着ておくと、ある程度の泥はねも防いでくれます。

草履カバーや長靴

お子さま用の草履カバーは入手しづらいので、用意できなかった場合は長靴で代用できます。

初めて履く草履で長時間を過ごすことはお子さまには負担が大きいので、撮影するまでは普段履き慣れた靴が安心です。

また、神社までは草履ではなく最初から長靴で行くなど、できる限り足が濡れないように工夫しましょう。

洗濯ばさみ

着物を地面に引きずってしまいそうであれば、裾や袖を留めて汚れないようにできます。

タオル

大・小のサイズを組み合わせて2枚~3枚用意しましょう。

雨対策、手拭き、雨に濡れてしまったときなど、いろいろな用途で活用できます。

大きめのビニール袋

拭いた後のタオルなどの濡れたものを入れる用です。

お子さまが草履を長靴に履き替えるときにも、あると便利です。

大きめのカバン

雨の日は、傘で片手がふさがりますので、かばんに荷物を入れることが増えます。

小さいバッグではなく、当日の持ち物がすべて入る大きいバッグの方が便利です。

スペースに余裕があるものを選ぶようにしましょう。

 

レンタル着物を汚してしまったら?

七五三の晴れ着には、購入とレンタルがあります。

レンタルした場合、着物を汚してしまったときに弁償やクリーニングの必要があるか

不安に思う方も多いでしょうが、通常は全天候に対応できるのがレンタル着物の魅力です。

多くの場合、クリーニング代を含んだ値段設定がされているはずですので、多少の濡れや泥はねであれば問題ありません。

そのため、着物を汚してしまった際に弁償しなくてはいけないということはありません。

もし汚してしまった場合には、返却の際に汚してしまった箇所とその理由を必ず伝えましょう。

しかし、着物を破ってしまった場合や汚れ具合によっては、弁償やクリーニング代の支払いを請求されることもあります。

汚さないことを前提に着物を扱うことはもちろんですが、予約の際に確認することも大切です。

 

 

七五三のおまいり当日は雨になりそう・・・そんなときは?

事前に天気予報でおまいり当日が雨の予報なのであれば、思い切って早めに延期を決断することもひとつの手です。

七五三を延期する場合は、おまいりする神社や着物のレンタル店、美容院と写真スタジオへの

日程変更の連絡だけでなく、集まる予定の両家の祖父母のスケジュールの確認なども必要です。

これから衣装のレンタル・神社での祈祷、食事会などの予約をされる方は、当日の日程変更が可能か、

できるのであれば変更は何日前まで受付可能か、変更料金はかかるかなどを確認しておくことをおすすめします。

ご家族だけでおまいりをされる場合は、神社やお寺での祈祷を、最初から予約が不要な場所で選んでおくのもいいかも知れません。

 

 

七五三の記念写真はどこで撮るのがおすすめ?

七五三の撮影は西宮神社から3分のいぬづか写真室へ

七五三は11月15日に行うのが一般的ですが、最近は混雑を避けるために時期をずらすご家庭も増えています。

家族全員でのお出かけは、間違いなく、忘れられない大切な思い出になります。

ぜひ、お子さまの成長の節目を記念写真に残しましょう。

どこで撮影すればいいか迷われるかと思いますが、兵庫県西宮市の老舗写真館、いぬづか写真室がおすすめです。

いぬづか写真室では、スタジオ撮影はもちろん、おでかけ用のレンタル着物も、毎年新作を入荷しており、

トレンドをおさえた最新モデルや人気ブランドをはじめ、様々な色や柄のものがあります。

前写しとおまいりの日で2回、違う着物を選んで楽しんでいただくこともできます。

着物のレンタルからヘアセット、着付け、メイクまでトータルで行えますのでご安心ください。

もしご自宅にお気に入りの着物がある場合は、持ち込み着物の着付けもできますので、お気軽にご相談ください。

それぞれの神社へカメラマンが同行して、おまいりの様子を撮影するロケーション撮影プランや、

忙しいパパママにピッタリの記念撮影と神社へのおまいりが1日でできるプランなどいろいろあります。

西宮市で一番有名ないぬづか写真室。

本格的なプロの技術を、一度体験してみましょう。

 
 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*